前へ
次へ

在宅医療の考え方やこれからの未来

少子高齢化に伴って高齢者が増えていき子供達が少なくなっていますが、現代医療の未来には在宅医療を考えなくてはいけません。
自宅にいながら治療を受けることができるシステムになりますが、医師や看護師の絶対量が必要になります。
それだけ人材の確保が必要になりますが、これはチームとなって治療を続けることが可能です。
まず人材としては医師や看護師のほかにも、薬剤師や栄養士、理学療法士などの専門のスペシャリストを置くことができます。
そうなってくると、それぞれが対応する日を決めていくことによって、チーム医療で患者さんをサポートすることができます。
このシステムこそがこれからの日本の医学進歩に欠かせないことになっていき、また少子高齢化を乗り切り国を活気づかせます。
病気になっても住みなれた自宅で過ごすことが出来ることは精神的な安定を図り、また家族と一緒にいることが可能なので未来型のサポートです。
選んだことが未来に繋がるようになると、より地域が発展しやすくなります。

Page Top